モントリオール市街〜空港行の747バス乗車解説!時間に余裕をもつこと必須

スポンサーリンク


モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港空港とモントリオール市街を行き来するにはSTM社運営のエクスプレスバス747が便利。

大体40分〜1時間くらいで市内中心部から空港まで行くことができる。

カルティエ・ラタン周辺にあるバスステーションであるバスディーポから、空港に向けて出発し、途中、UQAM・地下鉄ベリ駅、レネレベック通りにある8カ所の停留所、地下鉄リオネル・グルー駅に停車する。

もちろん都合のよいところどこでも降りられるし、1日乗車券を持っていれば基本乗り放題だ。

747バスの市街でのチケット入手方法

空港バスチケットはSTM社の運行する地下鉄・市バスチケットがそのまま利用可能。

市内中心部の地下鉄の駅に行き、券売機で普通に入手できる。

1日、3日のデイパスでは地下鉄・市バスが乗り放題。

なお、チケットを持ってなくともバスに乗った後でコインによる精算も可能だ。

各バス停と乗車時刻はGoogleマップで分かる

逆に市内中心部から空港へ移動する時も各所バス停で待っていればいい。

レネレベック通り沿いは8カ所ものバス停があるが、そこで乗る場合、STM社の公式Webサイトから747バスについて調べると具体的な乗り場とともに時刻も分かる。

時間通りには来ないそうだが、24時間運行しているのでいつでも空港にいける。

ホテル近くのジャンヌ・マンス(Jeanne-mance)のバス停で待つことにした。

当然だが、空港行きとバスティーポ行きでは乗り場が違い、レネレベック通りの向かい側に位置している。

空港行きは通りの北側だ。

このバス停はGoogleマップにも掲載されているのでピンポイントの場所を探すのに便利。

Googleマップ上ではバスマークとして載っている。

バスマークをクリックすると、停まるバスの系統が出て、さらに、凡その到着時間も表示してくれる。

Googleマップだけでもものすごく便利だ。

予定だと10分おきくらいにバスがくる予定。

だが、予定時間にバスは全く来ない。

747バスは時間通り来ない&キャリーカート所持だと乗れないことがある

さらに待つこと10分強。

予定されているバスを軽く一つ飛ばしたくらいの時間にようやく747バスが到着。

しかし乗り込もうとすると、キャリーカートは駄目だと言って乗せてくれない。

その場で待っていた半数以上がキャリーカートを持っているのに。

後2時間くらい後の便で急いでいる人もいるようだ。

747バスが来たのに乗れないなんて・・・。

どうやら747バスにはキャリーカートOKとNGの2種類あることが分かってきた。

私と同じく明らかに空港に行こうとしている人たちが多いので各々が困っている様子。

諦める人もいるくらいだ。

さらに10分ほど経過し、また747バスが来る。

今度は普通に乗れる。

そしてなるほど、車内にキャリーカート置き場が設置されている。

時間通り来ない上にこんな事があっては空港に急いでいる人にとっては致命的ではないか。

空港行きの747バスに乗る際は結構時間に余裕を持った方がいいだろう。

スポンサーリンク