深夜着のエディンバラ空港、24時間可能な市街へのアクセス方法

スポンサーリンク


8月でも寒いスコットランド

私にとって初のスコットランド。

エディンバラ空港に着いた時は既に夜の23時頃だった。

人はほとんどいない。

空港を出る。

寒い・・・

現在は8月半ば、夏の真っ只中だ。

ロンドン滞在中は日本よりちょっと気温が低いかと思ったくらいで日中は主に半袖Tシャツ。

エジンバラはそれよりやや気温が低いくらいかとナメていた。

ややどころではない。

いやもはや日本の感覚だと夏とは言えない。

もしかしたら今日が少し気温が低くて、さらに夜23時過ぎだからだろうか。

明日日中になってみればわかるだろう。

ダウンを着ている人もいるし、、。

いずれにしても寒すぎる。

真夏なのにもうすぐ冬を感じさせるくらいだ。

エディンバラ空港から市内中心部へのアクセス方法

もう夜も遅いが市内中心部へ向かおう。

人の流れに着いていこうにもとにかく人がほとんどいない。

エディンバラは実はそういう閑散とした場所なんだろうか?

たまたま今日が空港にいてはいけない日なんだろうか?

エジンバラ空港から市内中心部までの公共交通機関はタクシーを除くとエアリンクかトラムを使用するかのいずれかだった。

エアリンクの方が少しだけ安い上に所要時間約25分と速いようだった。

さらにエアリンクは24時間運行なので深夜でも空港から市内中心部に行く事ができる。

到着ゲートを出てエアリンクという案内文字を探したが見つからず。

???

バスやトラムという案内はある。

よく分からず、トラムの案内に従ってしばらく進む。

トラム乗り場に到着するが、エアリンクはどこにも見当たらない。

トラム乗り場は閑散としていて乗ろうとしている人もわずか。

駅員さんに伺うと、「バス乗り場は向こうだよ」と来た方向を指される。

・・・・・・

バス乗り場!?

なんと、、エアリンクはバスのことだったのだ!

バカなことが、勝手に電車だとばかり思いこんでいた。

どうやらエアリンク100番というバスが空港からウェイヴァリー橋まで出ているのだ。

しかしすでにに引き返すのは面倒だし、目の前ではトラムがもう少しで発車しようとしている。

しかたなくチケットを買い、トラムに乗り込む。

エアリンクに乗るのはまた次回にしよう。

エディンバラ空港・エアリンクとトラム比較

  • エアリンク

ヘイマーケット駅を経由してウェイヴァリー橋まで約25分。10〜30分おきに24時間運行。

  • エディンバラ・トラム

ヘイマーケット駅、プリンスストリート駅を経由終着ヨークプレイス駅まで約30分。早朝〜夜までの約10分おきに運行。

トラム車内は非常に空いていた。

トラムだとプリンセスストリートが一番町の中心部でターミナル駅であるウェイヴァリー駅にも最も近い場所だ。

一方、私が宿泊予定の予約ホテルはヘイマーケットという駅の近く。

だったので中心部までは行かずにそこで降りる。

誰もいない深夜のヘイマーケット

ヘイマーケット駅を出ると辺りは真っ暗だった。

トラムの乗客もわずかだったので降りる人も2、3人くらいしかいない。

とてもここがエディンバラ中心部とは思えない。

店という店はほぼ閉まり、歩いている人もほとんどいない。

大声を出しても気づく人はいないだろう。

水くらい買いたいが買える場所が見当たらない。

すでに24時前だ。

本当に大丈夫だろうか?

ホテルはちゃんと空いているだろうか。

歩き続けているとパブのようなお店に関してはいくつか空いていた。

色々と不安だ。

視界に人が一人もいない景色が続く。

もしかしてエジンバラは中心部から少し離れるだけでかなり辺鄙になる場所なのではないだろうか。

しかも寒すぎる。

シャツに一枚羽織るだけでは無理な寒さだ。

歩く事約15分。

なんとかホテルに到着。

入口が真っ暗。

なんということか、閉まっているようだ・・・。

過去にも夜遅すぎてこんな事に何度か陥った事があるのが思い出される。

しまったどうしよう、、、。。

インターホンらしきはないし、ドアをひたすら叩くしかないか、、、。。

と思ったら、何かで監視していたのか、ドア前のシャッターがガラガラ開きはじめた。

!!助かった。

鍵を受け取ってようやく落ち着く。

近くに夜中やっているお店はないだろうかと調べるとスーパーを発見。

徒歩数分の場所にTESCOがあった。

お店は大通り沿いに面していて車通りや人の通行もそこそこある。

よかった、ヘイマーケットにもこんな場所があって。

無事に水を購入する。

それにしても駅前の方が人があまりいないなんて、、、。

この付近は日中はどんな場所なんだろうか。

こうして初のエディンバラの夜は過ぎていった。

スポンサーリンク