アリババとは?中国滞在中に使える各種ネットショッピングサイトを比較!

スポンサーリンク


アリババグループとは?

中国滞在にしばらく慣れてくると当然のように、ネットを通じて買い物が出来ないかと思い始める。

日本だとAmazon、楽天、Yahooショッピングなどあるが中国ではどうも事情が違うようだ。

中国のAmazonについて調べてみるとどうやらECサイト全体の1%くらいのシェアしかなく、あまり活性化しているとはいえない。

一応使えるらしいが、不便かつ、あまり商品がないようである。

代わりにトップシェアを占めているのがAlibabaグループ。

日本におけるAmazonや楽天のような存在がAlibabaだ。

そしてなんとAlibabaグループだけでも小売業者用と卸売業者用、海外用などに分かれ、色んなサイトがある。

中国ECサイト比較リスト

代表的なサイトは下記。

  • 阿里巴巴1688.com

いわゆるアリババ。中国国内向けで中国語で作られており、中国国内発送業者ばかりなので基本中国人の方や代行業者を通じて取引する。卸売が多いので安く大量発注することが可能で、タオバオよりも安い。出店業者は世界中にいるらしい。日本のクレジットカードが使えないことが多いので中国滞在中は知人を通じて注文するとよい。

  • タオバオ(淘宝網)

個人の小売業者が多数出店しているショッピングモール。何でもあると思われるが、アリババに比べると小売価格なので少しだけ高いことが多い。国外発送が可能な店もあり、かつ日本のクレジットカード払いが可能だが、中国語での注文になる。

  • TMALL(天猫)

これも小売業者が多いので価格は少し高くなるが、アリババ、タオバオになくてここにだけあるという商品もあるのでレア商品を探すのに役立つ。

  • Alibaba.com

英語版、海外向けのアリババ。中国国内に滞在中はほぼ使わないだろう。

  • ALIEXPRESS

1個から注文できる海外向けアリババ。その分価格はアリババよりもやや高くなる。海外向けに対応している業者に限られるからか、商品数は1688やタオバオよりかなり少なくなってしまう。日本ほか海外発送が可能で日本のクレジットカード払いが可能。かつ日本語対応している。料金も商品数も良いとは言えないが、中国語を読むのが億劫な人向けだ。

商品の探し方

レアな商品だったりするとその中でも特定のサイトしか扱ってなかったりするし、サイトによって値段も全然違う。

必然と複数のサイトを行ったり来たりしながら探し、比較して検討した方がよいだろう。

基本、探したいものの日本語を翻訳アプリ・サイトなどで中国語に翻訳、それを商品検索する。

翻訳名が間違っている場合も多いので、知人に中国人がいたら中国語の商品名を聞いた方がよいだろう。

タオバオ(淘宝網)では日本のクレジットカードが使えるが、阿里巴巴1688.comでは日本のカードが使えず、購入できない場合も多いので、現地の中国人にお願いして購入することになる。

住所は滞在先のホテルなどでもOKだ。

中国滞在中に現地の人と仲良くなっておけば、帰国後も必要に応じて現地の人に購入代行をお願いできたりする。

安い卸売業者であればあるほど、現地のクレジットカードがないと購入できなかったり、中国内発送しかしてない場合が多いのだ。

日本からの注文にはタオバオ(淘宝網)が最もお得に利用可能!

一度、中国のネットショッピングに慣れると、日本帰国後も便利だろう。

特にタオバオ(淘宝網)は海外発送可能な業者が多く、日本のクレジットカードが使用可能なので最も使い勝手がいいだろう。

小売業者が多いといえども、商品数や料金も阿里巴巴1688.comと変わらないことも多い。

中国語しかないが、翻訳していけば何の問題もない。

安く仕入れて日本で高く売れるものも多いので輸入業を行うこともできてしまうだろう。

タオバオ(淘宝網)で購入して、そのまま日本のAmazonで売るだけでよいのだ。

タオバオ(淘宝網)の国外発送可能業者を利用すれば、わざわざ中国輸入代行業者を通すのはもったいないというのが分かるだろう。

もちろん中国にいる知人にお願いするのも手だが、手間を考えると自分でやってしまった方がよい。

一方でALIEXPRESSなどは中国語を読まずして日本からの注文が可能だが、料金がかなり割高な上に、商品数が少ない。

海外通販アプリWishについて

最近、Wishという海外通販アプリがあって、中国商品を激安で仕入れることができると話題である。

が、このWishアプリで取り扱っている商品は実はALIEXPRESSとほぼ変わらない。

本家阿里巴巴1688.comやタオバオ(淘宝網)に比べると圧倒的に商品数が少ないし、料金も高い。

こうしたことからもなんとか中国語の翻訳を頑張り、タオバオ(淘宝網)で購入することをお勧めする。

スポンサーリンク