ロンドンのトイレ事情・探し方〜8つの場所トイレマップ

スポンサーリンク


イギリスでは街中にトイレがない!?

日本での生活に慣れていると駅やコンビニなどどこにでもトイレがある。

が、イギリスでは大都市のロンドン中心部ですらトイレに困ることになるだろう。

日本の感覚とは全く違う。

まず大きなターミナル駅を除いて、駅にトイレはない。

公衆トイレもめったにない。

なかなかコンビニというものが見当たらないし、その辺のカフェや小さな飲食店、スーパーなどではトイレを提供していないのが普通である。

なので出かける時やレストランで食事をした時、観光地など行ける時にトイレに行っておくべきだ。

というより行ける時に行くという習慣が自然と身についてしまう。

ロンドンでトイレを利用するためには?

観光地に行けばトイレはあるが、入るための費用がかかるのでいつでも気軽にというわけにはいかないうえに長蛇の列ができている。

すぐに無料で入ることのできるトイレを探すのは苦労するが、一度把握してしまえば、実は至る所に利用できる場所があることがわかる。

ターミナル駅

地下鉄が乗り入れしているような主要なターミナル駅にはいずれもトイレがある。

ヴィクトリア駅、キングスクロス駅、セント・パンクラス駅、ユーストン駅、パディントン駅、チャリング・クロス駅、ウォータールー駅、ロンドン・ブリッジ駅、リバプール・ストリート駅など。

また、地下鉄駅でも、ピカデリー・サーカス駅、グリーン・パーク駅、ベイカー・ストリート駅、バンク駅、オールド・ストリート駅、ウェストミンスター駅、アールズ・コート駅などセントラル地区(Zone1)にはトイレが設置されている。

駅にあるトイレは30〜50ペンス程度の有料である場合がほとんど。

両替機が設置されているが壊れていることも多いので小銭の常備が必要である。

美術館・博物館

ロンドンでは美術館、博物館は入場無料。

ナショナルギャラリー、大英博物館、V&A、TATEなどの有名なところやほかの小さな美術館などでもトイレが利用可能。

こう考えると市内中心部に無料で利用できるトイレは多くあることになる。

ただし、大英博物館などは入場で並んでいることも多いし、大体夕方の5時に閉まるので注意が必要だ。

ショッピングモール・デパート

主にオックスフォードサーカス(Oxford Circus)周辺だが、多数のショッピングモール、デパートがあり、トイレが利用可能。

4大デパートといわれる、ハロッズ、ハーヴィー・ニコルズ、セルフリッジ、リバティには問題なくトイレがあり、綺麗なので安心できる。

また飲食店が多くあるモール、オックスフォードサーカスのキングリー・コートやコヴェント・ガーデンにもトイレが設置。

デパート以外ではフォートナム・アンド・メイソン、M&M’sにもトイレがある。

マクドナルド

店にもよるがマクドナルドにトイレがある。

中心部だとウエストミンスター大聖堂横のマクドナルドの地下にあるトイレは重宝する。

客が常に多いので何も買わなくても利用可能。

カジノ

18歳以上、かつパスポートの掲示を求められるので少し面倒だがレスタースクエア周辺にはヒッポドロームカジノ、エンパイアカジノなど多数のカジノがあり、無料で利用が可能。

公園

リージェンツ・パークやハイド・パークのようなロイヤルパーク(王立公園)にはトイレがある。

ロンドンには8つの王立公園がある。

レストラン・バーなどの飲食店

カフェやファーストフードだとトイレがないところも多いが、ちゃんと食事をとるレストランやバーには必ず設置されている。

夜のパブだと人が多いゆえ、勝手に入って出てきても何も言われないだろう。

ただ、あまり綺麗とは言えないかもしれない。

公衆トイレ

稀に見かけたがあまり綺麗なものではないのでいざという時以外は使わない方がよいだろう。

その他トイレの探し方

The Great British Public Toilet Mapに公衆トイレ、各地下鉄、鉄道ほかトイレ利用が可能な店舗が掲載されており、それぞれの場所、利用時間や利用料まで分かるのでトイレを探すのに非常に便利。

また、ロンドン中心部では周辺地図の書かれた案内板が設置されており、公衆トイレの位置情報も表示されています。

トイレまでの所要時間の目安もわかるようになっている。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です