パリ・エッフェル塔にチケット予約で並ばず登るには?

スポンサーリンク


エッフェル塔概要と歴史

パリを代表するシンボルのひとつであるエッフェル塔。

高さの違ういくつかの展望台があり、展望台からはパリの町並みとセーヌ川を一望できる。

エッフェル塔の歴史は、1889年フランス革命100周年を記念して開催された第4回万国博覧会に遡り、ギュスターヴ・エッフェルによって建築され、高さは324mに及ぶ。

建築期間は2年2カ月という短い期間で完成した。

これは1889年のパリ万国博覧会に間に合わせなければいけなかったことから生じた。

今では考えられないが、当時エッフェル塔はこれまでにないデザインであったため、当時の文化人や芸術家から大反対を受けた。

が、万国博覧会が開催されていた期間には、多くの人がエッフェル塔に訪れ、現在にいたっても多くの観光客でにぎわう観光名所となっている。

更に現在では展望台だけでなく、電波塔としても活躍している。

また、現在日没の時間に合わせて0時まで毎晩ライトアップされており、日没後の毎時0時から5分までは、ダイヤモンド・フラッシュと呼ばれる特別なライトアップが行われ、私たちの目を楽しませてくれる。

昼と夜とでは違う顔を持っているので、時間がある方は1日に2回訪れてみてもよいだろう。

また、年中無休なので、美術館や観光名所が休業となる元旦やクリスマス、メーデーででも入場可能だ。

エッフェル塔は、外観だけではなく塔内も充実しており、レストラン、フードコートやお土産屋さんがそろっている。

ミシュラン1つ星レストランもあるので贅沢な旅行にしたい方には、パリのパノラマを眺めながら、フランスの一流の料理をいただけるので、またとない思い出になるであろう。

アクセス方法

メトロ9号線トロカデロ駅より徒歩15分、6号線ビル・アケム駅より徒歩10分、エコール・ミリテール駅より徒歩15分、またはRER C線シャン・ド・マルス・トゥール・エッフェル駅より徒歩7分。

開館時間と入場料

年中無休で季節によって開館時間は異なっている。

夏季は(6/15ー9/1)は9-24時、夏季以外は(9/2-6/14)は9時半-23時。

入場料だが、最上階まで行くか2階までか、エレベーター利用か階段利用かによってそれぞれ料金が異なり、大人7€〜17€である。

なお、天候によっては、階段が利用できないことがある。

チケット予約はオンラインで並ばない!

エッフェル塔のチケット売り場では年中を通して長蛇の列ができていて並ぶ気が起きないほど。

並びたくないという人はエッフェル塔の公式サイトよりオンラインチケットを購入する事が出来る。

が、オンライン予約も人数がいっぱいのため、日時を前もって決めておく必要がある。

エレベーターのみで3ヶ月先までの予約が可能。

希望日時に予約が取れない、直前になるまで予定が分からない場合は当日現地窓口でのチケット購入になってしまう。

出来るだけ朝早くもしくは夜遅く行く事で少しは並ばなくてすむ。

また、優先入場パス付ツアーを利用するのも一つの手である。

料金はかかるが、ガイドツアー付きのものから、チケットのみを購入するものまであり、直前でも空いていれば予約可能な事が多い。

スリの多い場所としてのエッフェル塔

パリはスリが多いが、その中でもエッフェル塔はスリの多い場所としても有名だ。

エレベーターでもリュックは前に持つように促される。

エッフェル塔の下でも、パリのスリの常套手口、アンケートを取っているふりをして、仲間が鞄の中身を奪うといったスリがある。

スポンサーリンク